ブログ

今流行りのフレームカバーのペンダント照明を割り箸で作っちゃいました。これはなかなか良い!

投稿日:

うちには小学生になる息子が2人います。この夏休みは彼らなりの学習計画のもと宿題をこなしてきたのですが、夏休みの宿題が残すは図工と作文のみとなったとたん、宿題は終わったも同然のようにぞんぶんに夏休みを謳歌しておりました。ところが夏休みも終盤となり、残っていた宿題をやらないといけないことにリアリティが出てくると、やはり図工の宿題について息子達から父に向けてsosがありました。

それで前から一度やってみたいと思ってた照明作りをやろうと息子たちに良い放ち、半場強制的に作ることになりました。

照明といっても電気のところは市販のペンダント照明を使います。今回作るのはカバーのところです。また流行りでもあり簡単そうなフレームだけのカバーにしました。

作り方ですが、割り箸をグルーガンを使ってフレームを作り、スプレー塗装して市販の裸電球のペンダント照明を取り付けておしまいです。

あとはどんな形にするかですが、そこは前から作ってみたいと思ってた形があったので、息子達に伝えてその形を一緒に作ることに。

まずは割り箸を三角形にしてグルーガンでくっつけ、さらにそこに割り箸2本をグルーガンでつけて三角形を追加していくことをどんどんやります。息子達は、最初こそグルーガンの使い方に四苦八苦していましたが、やはりコツを掴むのが早いようで、あっという間にフレームカバーを完成させました。

そのあとのスプレー塗装やら照明取り付けは、私がやり、無事完成しました👏

早速、トイレに製作した照明を取り付けてみました。

おおっっ👀なかなかの出来です😀

息子達も喜んでいました。特にグルーガンで色んな形が作れることがわかり楽しかったようです。

私も恥ずかしながら初めてグルーガンを使ったのですが、これは楽しい!すごく楽しい!!はまりました🤩

これはDIYとしておすすめです👍

-ブログ

Copyright© 全国古民家活用推進協会岡山支部 , 2019 AllRights Reserved.